モンストを辞めて、他の面白そうなゲームを捜索中。。。

モンストを辞めて、パズドラを少しずつやっているのですが、、やっぱり空き時間になにかしたいところ。

何か色々と探してみるも、中々難しいですね。

やっぱり人気のあるゲームというのはよく出来ているんだな~と思いながら、別のゲームを探したりしています。

スポンサーリンク

FGO(Fate / Grand Order)

とりあえず今大人気のFGO(Fate Grand Order)に挑戦してみました。

Fateはステイナイトなどはプレイ済。

アニメもUnlimited Blade Worksまでは見ていたのでとっつきやすいかなと思ったのですが。

だめだ。。。話が長すぎる。タップがめんどくさい。

そして、

ひたすら骸骨を駆逐するのみ。

ストーリーが楽しめる人はいいかなと思いますが、ステイナイトの時の、あのストーリーの長さが思い出されました。

アニメだとさくさく進むんですけどね。

アンインストールまでの時間:一週間。

スポンサーリンク

バクレツモンスター

続いてやり始めたのが、通称バクモンと呼ばれるバクレツモンスター。

白猫と同じコロプラから提供されているゲームなので、スマホだと操作のしにくいアクションゲームなのですが、タップ1つで簡単に操作できるようになっています。

必殺技があったり、コンボがあったり。なんかスマブラみたいで楽しい。

これは当たりかも。

と思っていたのは序盤だけでした。

途中から、敵が凶悪になってきます。

 

超反応で必殺技を避ける敵。

浮かせたらこっちのもの、とばかりに空中コンボでお空の旅。

そして、はじまりの大地 と言われる最初のステージから、敵の数が2~3体になり集団でボコられる難易度。

スタミナ0でプレイ!と謳われていた闘技場は、おおよそ3分間、上級者にボコボコにされるのを耐え続けなければいけない苦行。リタイアはカウントされず。

その闘技場をプレイしないと育成もままならないため、CPUにボコられ、闘技場でボコられ。

ストレスの貯まり方がとんでもなかったです。

アンインストールまでの時間:おおよそ半月

スポンサーリンク

真・三國無双 斬

PSなどでかなり有名なタイトルである真・三國無双がスマホでできることを知りインストール。

ばっすばっすと雑魚を倒していくのは楽しいのですが、段違いに強いボス敵。

効かないよ?とばかりに立ち尽くすだけで攻撃してこない序盤のボスには、この先の苦労がわかるような気がしました。

面白そうなんですけどね。

これは強キャラをリセマラで手に入れなくては。と思ってリセマラしようとしたのですが、なぜかデータが消せなくて終了。

アンインストールまでの時間:2日

スポンサーリンク

キングスレイド

これは、もしかしたら再インストールするかもしれない。

スマホ 面白い。 で検索するとかなりの確率で上位にいるゲーム。

どんどんユーザーを増やしているみたいなので、今後も期待。

ただ。

これみよがしなパン○ラでバナー広告を出していたゲームだということに気が付き、色々と人目のあるところでプレイするのはやりにくいかも。と思いアンインストール。

ただ、パ○チラが無くともとても奥が深く面白いのだとか。

アンインストールまでの時間:2時間 食わず嫌いかも。

スポンサーリンク

ブラウンダスト BROWNDUST

IQが高いサラリーマンがはまる!

との触れ込みに、特段高くもないIQで挑むことになったブラウンダスト。

戦略ゲームなのでじっくり考えることが出来るのがいい感じ。

序盤は特に考えることもないのですが、それでもスマートに勝とうとするには頭を捻らないと難しい。

キャラも可愛いく主人公もかっこいい(昔のエロゲの主人公)ので入りやすかった。

現在進行中:三日目。

リセマラが非常に簡単なのも好印象。

すぐ妥協したけど。

お隣の国で先に配信されているゲームらしく、完成度がかなり高い。

 

スポンサーリンク

色々ゲームを探してみて

なんだかすごい。

どのゲームもとにかく絵が綺麗。

ゲームもしっかりしているものが多く、開発費とかすごいんだろうなと思ってしまいます。

今続けているブラウンダストはまだダウンロード数も大したことありませんし、今すぐ課金しないと進めない、なんてことも無さそう。

有象無象のゲームが多いかと思ったら、一面豪華なお花畑な印象。

どれを取っても、誰かは楽しめるような作りになっています。

辛口だったバクモンも、やれる人には楽しいのだと思います。

実際、最初は楽しかったですし^^

すごいですね。スマホを持つことでこれだけのゲームに触れ合えることの魅力もですが、一方でハマってしまうことでの時間の使い方が難しいと感じるようにもなりました。

ゲームはほどほどにしないとですね。

それでは。

コメント